黄金比

黄金比 〜五芒星に現われる美しい比率〜

Advertising

人間が最も美しいと感じる比率とされてる黄金比。美術や商業デザインにも取り入れられることが多く、皆さんも一度は「黄金比」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回は様々な場面に登場する黄金比について調べてみましょう。

黄金比とは

黄金比は数学だけでなく、美術やデザインの分野などでもよく登場する言葉ですが、そもそも黄金比とはどのようなものなのでしょうか。

黄金分割

線分 AB を点 C で2 つに分割します(図1)。AC が CB より短いとします。ACの長さを a、CB の長さを b とします。線分 AB を次を満たすように点 Cで分割する分割のしかたを黄金分割 といいます。

短い方 : 長い方 = 長い方 : 全体

式で表すと以下のようになります。

a : b = b : a + b           ( 1 )

( 1 ) を満たすa : b を黄金比といい、b / aを黄金率と呼びます。( b / a の逆数 a / b を黄金率と呼ぶこともあります。)黄金率はよくギリシア文字 φふぁいで表されます。

また、( 1 ) に外積の項・内積の項の積の公式を使うと

b² = a × ( a + b )          ( 2 ) 

となります。( 2 ) の両辺を a²  で割り、x = b / a とおくと、次の二次方程式が得られます。

x²  = 1 + x             ( 3 )

この二次方程式 ( 3 ) の正の解は

φ = ( 1 + √5 ) / 2 = 1.6180339887…  ( 4 )

となります。この φ が黄金率で、1 : φ が黄金比です。

別のお話フィボナッチ数列の隣り合った数の比は、黄金比の近似値になっていると述べました。フィボナッチ数列の隣り合う数の比を計算して確かめてみましょう。フィボナッチ数列は以下のような数列です。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, …

隣り合う数の比 1/1, 2/1, 3/2, 5/3, 8/5 , …を計算して並べると、次のようになります。

1, 2, 1.5, 1.66…, 1.6, 1.625, 1.615…, 1.619…,

( 4 )で得られた黄金率φに収束しそうです。

ギリシア数学における比とは

ギリシア数学の特徴の一つは“ 比” であり、その中でも今回のテーマである黄金比は特に有名です。黄金比という言葉は近世になってできた言葉で、ギリシア幾何学では外中比と呼ばれていました。

ギリシアの「幾何学」は定規とコンパスだけで行うもので、数値は現れません。これは「禁止されている」というのではなく、そもそも前提となる概念のなかに数値が含まれていないのです。「幾何学」ではまず使ってもよい概念を公理や定義として述べてから理論を展開します。この方式はギリシア以降数学の標準として踏襲されてきます。ギリシアの幾何学では比はどのように扱われいたのでしょうか。

古代ギリシア人にとって、比 a : bとは2 つの量 a と b の間の“ 関係” を表わすものであって、 b / a という一つの対象(数値)を表わすものではありませんでした。
また、φ のような無理数は古代には存在しません。これらが数として扱われるようになったのはやっと近世に入ってからです。φ=1.618… という数値が使えないとしたら、黄金比はどのように扱われていたのでしょうか。ギリシア幾何学によく出てくる五芒星を見てみましょう。

五芒星と黄金比

図2 – (a) のような星形を五芒星(ペンタグラム)といいます。ピタゴラス学派は五芒星を教団のシンボルとしてとても大切にしていました。五芒星の中には黄金比が現れます。五芒星の各頂点を結ぶと図2 -(b)のような正五角形となります。

五芒星

図2 -(b)の中にも黄金比がたくさん現れます。代表的な黄金比は 図3のAB : BE、つまり「正五角形の1 辺 : 対角線」です。

黄金比と五芒星

黄金比は、芸術家だけでなく自然からも愛され、木の葉の模様や貝殻の渦巻などの自然界の中にも多く発見されます。これらのことは、ピタゴラスの「自然は数の比によって支配されている」という主張を証明しているように思われました。

ピラミッドにも『 黄金比 』が隠されている?

エジプトの大ピラミッドは世界7不思議の1つといわれ、昔から多くの人が「ピラミッドの謎」について語っています。その謎の一つ「ピラミッドには”黄金比”が隠されている」という話をご存知ですか?

大ピラミッドの底面積に対する側面積の比は黄金比である

というものです。大ピラミッドの底面積を S1、側面積を S2 とします。すると S1 : S2 が黄金比となる、つまり

S1 / S2 = φ = 1.6180339887 …

が成立するというのです。実際に検証してみると、どうやら大ピラミッドの底面積と側面積の比は黄金比になっているようです。なぜピラミッドに黄金比が現われるのでしょうか。これは「偶然の一致」なのでしょうか。

Web連載【ピラミッドに隠された謎】では、この「黄金比の謎」を古代エジプトの歴史や神話、そして古代エジプトの数学能力など、様々な角度から解き明かしていきます。興味のある方はこちらもぜひお読みください▼

5-3.ピラミッドの『黄金比の謎』を解明する

Advertising

Advertising

SNS RSS

更新情報やまなびの豆知識を
お届けしています。

スポンサーリンク