エラトステネス とはどんな人?

エラトステネス

基本情報

時代 前275年 - 前194年
出身地 ---
分野・肩書き 地理学者・天文学者
業績・著書など ヘレニズム時代の地理学者・天文学者。アレクサンドリアの図書館長。地球の周長を4万6250km(実際は約4万km)と測定したと言われている。

アレクサンドリアの図書館長

エラトステネスはヘレニズム期を代表するギリシアの科学者としてとても有名です。アレクサンドリアの西方、現在のリビアにあるキュレネに生まれ、しばらくの間学園都市アテナイで学んだ後、プトレマイオス王朝の王子の家庭教師として招かれ、アレクサンドリアにやってきました。その後、図書館の館長に就任し、終生をアレクサンドリアで過ごしたと言われています。エラトステネスに関しては数多くの逸話が伝えられています。

エラトステネスのふるい

一度にたくさんの素数を計算する方法にエラトステネスのふるいと呼ばれる方法があります。素数とは 1 と自分自身以外に約数を持たない自然数のことです。

エラトステネスと地球測量

大図書館の図書館長をしていたエラトステネスは地球の周長を測ったとされています。どのように測ったのでしょうか?

詳しい解説はこちら▼
Web連載 ピラミッドに隠された謎:5-6.エラトステネスの地球の測量

Advertising

スポンサーリンク