アルキメデス とはどんな人?

アルキメデス

基本情報

時代 前287 - 前212
出身地 シチリア島
分野・肩書き 数学者・物理学者
業績・著書など 古代ギリシアの数学者。世界の3大数学者の一人。円周率の研究、球の表面積や体積の計算法など多くの成果を残しています。数学以外にも兵器の開発や浮力の研究など、広く科学一般の研究を行いました。
【その他の3大数学者】
アイザック・ニュートン
ガウス

アルキメデスが残した様々な業績

アルキメデスは、アルキメデスの原理(浮力の研究)や兵器の開発など、科学の様々な分野においてたくさんの業績を残しました。数学の分野でも、球の表面積や球の体積、放物線の面積など数多くの成果を残しています。

ヘレニズム期のギリシア数学

アルキメデスが活躍したのは、紀元前3世紀、古代ギリシアのヘレニズム期と呼ばれる時代です。
ペルシア戦争ののち、ギリシアのポリスの一つであるアテナイは著しい発展を遂げ、各地から人が集まり文明が華開きます。ギリシア数学もこの時期に生まれたと考えられています。その後、文化や数学研究の中心はギリシア本土のアテナイからエジプトのアレクサンドリアに移りました。この時代をヘレニズム期と呼んでいます。ギリシア数学はヘレニズム期に入ってオリエントの数学の影響を受け、大きく変貌します。
アルキメデスは、ギリシアの論証数学を引き継ぎ、厳密な論証と証明を行っていますが、オリエントの実用数学の影響も受け、武器の設計や実験なども行いました。

22/7 の秘密、アルキメデスが求めた円周率

アルキメデスは円周率 π の近似値を求めたことで有名です。アルキメデスは円周率πを、直径1 の円に外接する正多角形と内接する正多角形の周長を計算することで求めました。複雑な計算を行い『 円周の長さはその直径の約22/7倍である』という結果を得たのです。

実際に行った計算はどのようなものだったのでしょうか。
詳しい説明はこちら▼
Web連載:ピラミッドに隠された謎 4-5.アルキメデスの円周率

Advertising

スポンサーリンク