アルキメデス とはどんな人?

アルキメデス

基本情報

時代 前287 - 前212
出身地 シチリア島
分野・肩書き 数学者・物理学者
業績・著書など 古代ギリシアの数学者。世界の3大数学者の一人。円周率の研究、球の表面積や体積の計算法など多くの成果を残しています。数学以外にも兵器の開発や浮力の研究など、広く科学一般の研究を行いました。
【その他の3大数学者】
アイザック・ニュートン
ガウス

アルキメデスが残した様々な業績

アルキメデスの原理(浮力の研究)」や「てこの原理」など、数学に限らず科学の様々な研究を行ったことで知られる古代ギリシャのアルキメデス。アルキメデスは放物線の切片の面積、球の表面積や球の体積の計算法など多くの成果を残していますが、その中でもπ の近似値として22/7 を得たことは有名です。

Advertising