ルカ・パチョーリ(パチオーリ) とはどんな人?

パチョーリ

基本情報

時代 1445頃 - 1517頃 (諸説あり)
出身地 イタリア
分野・肩書き 数学者
業績・著書など イタリアの数学者。レオナルド•ダ•ヴィンチの友人。黄金比を扱った『神聖な比例』という著書が有名。複式簿記の発明者とも言われている。

パチョーリの著書「神聖な比例」

ルカ・パチョーリはチェコという画家の工房で働いていました。チェコもまた後世に残る画家で、数学者でもあり数学の著作を残しています。パチョーリはこの工房を出て神学の勉強をし、修道士となります。

彼は複式簿記を広めた人としても有名ですが、数学の本を多数書いています。その中でも『神聖な比例』という本は有名で、黄金比に関して絶大な影響を与えました。この本の中で「プラトンの立体」とよばれる立体のイラストをレオナルド・ダ・ヴィンチが描いています。このイラストの正確さは有名で、実際に模型を作って描いたのではないかといわれています。

パチョーリと黄金比

パチョーリは黄金比のことを「神聖な比」と呼んで、彼の著作の中で讃えています。パチョーリは修道士でしたから、数学も神学の一部だと思っていたのでしょう。たとえば、黄金比には「小さい数、大きい数、その和」という3つの数が出てきますが、これをキリスト教の「三位一体」に例えています。また黄金比が整数比では表せないことを「神は人間の尺度では測れないこと」を意味していると述べています。

さらに、黄金比の再帰構造(つまり、「大きい数と2つの和」が「小さい数と大きい数」とみなされこれが永遠に続くこと)を、神の遍在性と普遍性を表すものだ、としています。

Advertising