HOME  知る・調べる  用語一覧   60進法(60進数)

60進法(60進数) とは

60進法とは

60進法は60個ずつたばねる数の表し方で、60個集まると位が一つ上に上がります。60進法で書かれた表記を60進数といいます 。60進数、10進数とは数の種類ではなく、数の表現方法のことなのです。英語で one, two, three と言っても、日本語で 一、二、三 と言っても同じ数を表すのと同じです。普段私たちが使っている10進数では一を10個集めると十、十を10個集めると百、百を10個集めると千になります。

身近な60進法

現在私達は主に10進数を使っていますが、コンピュータでは2進数が使われています。60進数は時計や角度で使われています。

1分 = 60秒
1時間 = 60分

60進法

バビロニアで生まれた60進法

60進法はどのようにして生まれたのでしょうか。60進数の書かれた楔形文字の粘土板文書は、メソポタミアの遺跡に埋もれ長い間忘れさられていました。しかし、60進数は延々と歴史の中を生き延び、現在まで伝わっていたのです。古代の人々はどのように数を表し、数という概念を獲得していったのか、歴史を遡って見てみましょう▼
Web連載『バビロニア 数』1. たばね法

いろいろな数の表現方法

数を文字によって表す表し方を記数法といいます。現在の私たちは数を10進数で表していますが、実はこの記数法にたどりつくまでに人類はとても長い年月を費やしています。現在私たちが使っている、アラビア数字 0, 1, …,9 を使った10進数をヨーロッパの人々が使うようになったのは、バビロニアで60進数が発明されてから、なんと4000年も後の 15世紀になってからです。

バビロニアの60進法について詳しく解説します▼
Web連載『バビロニアの数』4.バビロニアの60進法

Advertising

スポンサーリンク